【コロナ禍の飲食店経営について】斬新な店を作るのではなく、新しい売り方を開発する

【コロナ禍の飲食店経営について】斬新な店を作るのではなく、新しい売り方を開発する

 

もう、いくら斬新な店を作っても、今までのように繁盛しなくなっています。

 

コロナの影響で、弁当やテイクアウト、冷凍食品にデイバリーや自販機販売などが出てきたからです。

 

だから、斬新な店を作るのではなく、新しい売り方を開発すること。

 

料理の腕や店づくりを競う時代ではないです。

 

このことに早く気付かないと、売上の回復はないです。

 

これから、どういう売り方をしていくか。どんな戦略で行くかが大きな課題です。

 

新しい売り方に注目して下さい。