【駅弁とデリバリーについて】デリバリーが出て来ると、駅弁の魅力が薄れている

【駅弁とデリバリーについて】デリバリーが出て来ると、駅弁の魅力が薄れている

 

今までは、駅弁に対する憧れが、物凄くありました。百貨店だけでなく、食品スーパーでもチラシに企画が載っていると、チラシをつかんで行列になっていました。

 

ところが、駅弁は、1個1,000円を超えるのが当たり前になり、日常ではちょっと買いづらい商品になっています。

 

それに、コロナの影響でデリバリーが出てきて、おいしくて熱々のものが食べれるようになりました。

 

駅弁と比較すると、このデリバリーを使えば、普通においしいものが食べれます。

 

駅弁を買うために並ぶという魅力が徐々に薄れてきています。

 

やはり、食べ物は、熱々が一番です。

 

それに、駅弁は、レンジアップに向いていません。

 

何か、駅弁も曲がり角に来ているような気がします。