【時流の読み方について】新しいものが出てきたというシグナルは、これから伸びる予兆ではなく、近くピークを迎える予兆

【時流の読み方について】新しいものが出てきたというシグナルは、これから伸びる予兆ではなく、近くピークを迎える予兆

 

常に時代は変わり、新しいものが出てきます。それがしばらくは長く続き、マーケットが拡大しそうに見えます。

 

ところが、世の中が注目し出したり、テレビなどに取り上げられると、ピークを迎えているというシグナルです。

 

流行り出したら、手を出さない。別のものを探す。

 

これが、一流経営者の発想です。