【営業の変化について】焼鳥居酒屋から焼鳥テイクアウト専門店へ

【営業の変化について】焼鳥居酒屋から焼鳥テイクアウト専門店へ

 

コロナ前までは、焼鳥居酒屋をやったり、焼鳥がメインの居酒屋が大流行りでした。良い匂いがすると、必ず立ち寄りたくなりました。

 

ところが、コロナの影響で、お酒が提供できなくなったり、時短営業になりました。

そのため、今でも深夜営業は、お客様が帰ってきていないと言います。

 

そこで、今度は焼鳥のテイクアウト専門店が出てきました。

 

これなら小スペースでできますし、コストがかかりません。

 

一人営業も可能です。

 

もう、大箱の居酒屋はいらいなのかもしれません。

 

焼鳥居酒屋から焼鳥テイクアウト専門店へと時代が変化しています。