【喫茶店の戦略について】超繁盛喫茶店が喫茶とサンドウィッチの店に業態変更

【喫茶店の戦略について】超繁盛喫茶店が喫茶とサンドウィッチの店に業態変更

 

商店街の入り口で繁盛されていた喫茶店が、大きな外看板を付けています。

 

そこには、なんと喫茶とサンドウィッチとあります。

 

コロナになってから、店頭にショーケースを出して、サンドウィッチを売られていました。

 

おそらく、そのサンドウィッチに手ごたえを感じたのでしょう。

 

それに、閉鎖空間の店内営業だけでは限界があり、どんなに感染症対策をしても、店を利用する人が減ったのかもしれません。

 

サンドウィッチで生き残る。新しいタイプの店ができました。

 

成功されることを祈っています。